トップページ

2017年5月19日 (金)

クリフトが高松

一般的に「きれいな肌」と言いますが、具体的にはどんな肌を指すと思いますか。なめらかな肌やハリのある肌では皮膚表面の模様がものすごく小さいですが、乾燥や紫外線などのストレスを多くうけた皮膚はこの模様が大きくクッキリしています。
こういう皮膚は保水性が悪いのです。表皮バリアが損なわれているので、肌の基底部以深もかなり傷んできます。
黒須徳子の酸いも甘いもLIFE


水分が失われると表皮が薄くなり、フェイスラインがくずれ、しわになるのです。そうなる前のケアが大事でしょう。

40歳を過ぎてからのしわ防止について、困っているという声が多数あるようです。
肌が乾燥したままだと、新しくしわができたり、元々あったしわがさらに深くなるようです。洗顔した後、化粧水をコットンに含ませて、パタパタとパッティングするというのも良いのですが、刺激を与えすぎると、逆に、しわが増える原因ともなるのです。コットンに適量の化粧水を染み込ませて適当な力加減でパッティングしてみてください。

女性の喫煙者の数は、男性に比べると減りが鈍いそうです。
人間の体の中では消化器と血管で栄養の取り込みと排出が行われていて、喫煙すると血管が収縮するので、皮膚のような細い血管では血流が悪くなり、肌細胞の維持と再生に必要な水分や栄養素が不足し、老廃物が貯まってしまいます。
表皮の保護機能が低下し、真皮に紫外線や乾燥などの影響が及ぶため、肌の衰えが顕著になると、小皺が出てくるのです。
禁煙は難しいかもしれませんが、「減煙」したからといって皮膚へのダメージは変わりません。
美肌が欲しければ喫煙はやめておいたほうが良いでしょう。念入りにお肌の手入れやUV対策もしていたのにいつの間にかシミはできてしまいます。



このようながっかりした経験をお持ちの方も少なからずいらっしゃるでしょう。できてしまったものはしょうがない!とにかく薄くしていくには効果があると言われているビタミンCをどんどん摂ることです。

体にビタミンCを摂り入れることによってシミは薄くなっていきます。食事だけで必要なビタミンCを摂取するのは難しい方はビタミンCのサプリを飲むのも白い肌への近道かもしれません。色々なスキンケアを試したけどいまいちという方は、スキンケアの「機会」を逸しているのかもしれません。


たとえば洗顔料で丁寧に洗ったあととか、お風呂から出たばかりの肌って肌はもちもちとして、うるおっているように見えますよね。



でもそれって、表面だけなんです。

潤った感触は、毛穴が開いて水を「どんどん飲み込む」ような状態ですが、同時に「どんどん乾燥する」わけです。

シワや乾燥の原因を作りやすい時間ですが、考え方を変えれば「肌がどんどん水を飲み込む」時間でもあります。ただ、この時間帯さえうまくコントロールすれば、いつものスキンケア効果がうんと高まります。

お風呂上りはタオルでふいたらただちにアルコールフリーの化粧水で保水ケアしましょう。

肌のしみ取りにオキシドールを使うなどという話を耳にしたことがありますが、傷を消毒するために開発されたオキシドールを、健康である肌に使用するのは大きなストレスになりそうです。


他にも、オキシドールを使用して髪の毛の脱色を試みた方も多いかと思いますが、ヘアダメージが一気に進んでしまいます。肌にも良いわけがありません。
皺をとって顔の表情を一変させてしまう「しわとりテープ」。テレビで美容マニアの芸能人が自分の愛用品のひとつに挙げていて、それまで知らなかった人にも一気に知られるようになりました。貼っているだけとは思えないほど効果絶大ですが、だからといって使いすぎると皮膚に過剰な負荷を強いるため、赤くなったり痒みが出ることは、結構あるようです。



強烈な効果があるものはリスクもあると考え、依存しすぎないことが大事かもしれません。特に三十代と四十代の女性が頭を悩ませる肌トラブルのうちの一つが「肝斑」でしょう。目の下、頬骨のあたりにほぼ左右対称にまるでクマのようにできてしまうシミのことをいいます。肝斑を引き起こす要因として、女性ホルモンが関わっているのではないかという説があって、肝臓の調子が悪いから出るといったものではありません。肝斑の治療方法としては、トラネキサム酸を摂るとよいとされており、内用薬として、大手化粧品メーカーや製薬会社などから販売されています。



普通のシミ対策と同じ方法では、肝斑には太刀打ちできないでしょう。



お肌にダメージがあると、シミの原因となってしまう場合があります。
例として、日光による炎症があります。赤く痛むときはもちろんの事、違和感がなくても本当は軽い炎症が起こっています。


肌の基礎的なケアとは、日焼け対策なのかもしれないです。



肌トラブルの悩みと言えば、シミが多いことです。紫外線による日焼けや加齢などで、色素の沈着が生じることが要因となり、肌のシミが実際の年齢以上に年を取った印象を感じさせてしまいます。

顔にできてしまうのはものすごく気になってしまいますが、シミ予防は、毎日、お肌の手入れをすることで可能ですし、スキンケアが不十分でシミができてしまっても、他に方法はあります。

トップページ

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

最近の記事

無料ブログはココログ